平茂 寛 の紹介

昭和32年(1957年)1月13日に、静岡県静岡市で生を受けました。  静岡市立新通小学校(美保純の出身校)、同末広中学校(ピンクレディは2年後輩ですが、残念ながら在学中は気付かずじまい)を出て、静岡市立高校(特に有名人なし)から、東京農工大学農学部に進学・卒業。  岡山県で、農業関係の技術者(主に畜産)の仕事をしています。  現在の住処は岡山県津山市。小説「隈取絵師」の舞台です。津山城趾が直ぐそばにあります。  五十歳を契機に一念発起して、小説を書き始めました。  趣味・特技等は、高校生の時から嗜んできた競馬ですね。大学も、東京競馬場の近隣が選んだ理由です。   就職後は、仕事先に馬がいないため、対象を牛にシフトし、乳牛を飼う農家の皆さんと学び合い、磨き合ってきました。牛の話はちょっとうるさいです。   コーチングに関心があります。二年前に、笑顔のコーチング認定ファシリテーターとなりました。

新作『剣摩推参 隠密刺客遊撃組(弐)』発刊しました。

およそ1年ぶりになる書き下ろし時代小説文庫『剣摩推参 隠密刺客遊撃組(弐)』を
3月12日、光文社から刊行いたします。前作『隠密刺客遊撃組』と同様に、当代屈指の武術研究家長野峻也先生の原案をもとに執筆しました。
今回の敵は天水教。出版社より「史上最高」と銘打っていただいた武闘シーンと登場人物のキャラをお楽しみいただければ幸いです。


津山市立図書館協議会委員長に選任されました。

このたび津山市教育委員長から津山市立図書館協議会委員の任命をいただき、同委員会において委員長に選任されました。
とても光栄に感じております。

津山市立図書館には、私の作家活動をデビュー以来ずっと応援いただいております。少しでもお役に立てるならば、これほど嬉しいことはありません。一方で責任も痛感しています。

 

協議会委員の委嘱状です(右)。地元作家を委員にしてしまうなんて、市立図書館はすごく頭柔らかい! 自分のことながら、そう思います(笑)

 

とても嬉しくなって、飲みに行っちゃいました。一緒に喜んでくれる人がいなかったので、この夜は一人で祝杯(笑)
津山市内の「北海」というお店です。刺身の盛り合わせ美味しかったー\(^o^)/

 


フィールド・オブ・ドリームズ

農業大学校で教鞭を執るようになって2年目。ちょっくら余裕がでてきました。
学生が授業中の時間帯、管理しているスイートコーンほ場の畝間を草取りしてます。爽やかな風がトウモロコシの間を吹き抜け、さらさらと葉の擦れる音が心地よく響く。なんと幸せで贅沢な時間。夢のよう。
草取りの手は休めませんが、うっとりと楽しんでます。
まさにフィールド・オブ・ドリームズ!!


津山にゃ武家茶がよく似合う(^▽^)

6月26日(火)の夕方5時すぎから、津山市椿高下の呉服屋さん「ちんがらや」さんの2階にて、遠州流茶道のお稽古(お試し版)を行います。

津山は森家、松平家が治めた城下町。かつては武家茶道の流派があったものの、今は絶えていると聞きました。残念です! 津山は武家茶道が似合う町だと思うのですが。ってわけで、ずっと昔の「津山さくら祭り」のコピーをもじってみました(笑)

遠州流茶道は小堀遠州を流祖とし、武家茶道の流儀を今に伝えています。
平茂寬は現在、高梁市頼久寺に遠州流茶道のお稽古に通っていますが、津山の方々にも遠州流茶道の楽しさを知って頂きたいと思い、教授頂いている宮原先生に相談して今回の運びとなりました。

今後、津山市内で遠州流茶道のお稽古が定期的に行われるようになれば嬉しいです。

(問い合わせはhirashigekan@gmail.comまで)

 

右側がご教授をいただく宮原先生(右が平茂寬)です。


FMつやまにて6/30講演会のPRをします。

6月30日午後2時~3時30分に津山市立図書視聴覚室にて行う講演「奇人剣豪 平山行蔵」と対談「出版プロデューサーが語る小説づくりのウラ話」のPRをFMつやまの番組ですることになりました。
6/18日(月)の夕方枠で生放送されます。
お相手をして下さるのはFMつやまのパーソナリティ福吉美鈴さん。爽やかな気配りと美声が素晴らしい女性です。なによりお美しい\(^o^)/
うまいこと話せるか不安ですが、福吉さんのリードで初めての経験を愉しんでこようと思います。
インターネットでも聴けるようなので、もしよかったら。
 

講演会のお知らせ

6月30日の午後2時~3時30分。津山市立図書館開館40周年記念事業の一環で、図書館視聴覚室にて「奇人剣豪 平山行蔵」と題した講演をさせていただきます。
講演に引き続いて「出版プロデューサーが語る小説づくりのウラ話」をテーマに、東京からお招きした出版プロデューサーの細井謙一氏との対談をします。

講演「奇人剣豪 平山行蔵」では、本年4月に光文社から刊行した『隠密刺客遊撃組』のあらすじや登場人物の紹介、さらにはメイキングストーリーについて語りたいと思います。

対談「出版プロデューサーが語る小説づくりのウラ話」の細井氏は、編集者あるいは企画者として数多くの小説を世に送り出してこられました。私にとってかけがえのない師でありパートナーでもあります。
小説づくりの裏の裏まで知り尽くしている人ならではの興味深いお話が聞けること間違いなし! ちなみに細井氏は、作家平茂寬にとってかけがえのない師でありパートナーでもあります。

じゅうぶんお楽しみいただける内容になると思いますので、奮ってご参加下さい。
なお講演+対談後は、平茂寬のサイン会もいたします(いつやっても恥ずかしい:笑)


『ぎをん・二三四号』を頂きました。

『ぎをん』誌は、祇園甲部組合が発行している季刊誌で、編集者の言葉を借りれば「懐かしい祇園を想い、新しい祇園を求めて、書き綴」られています。ページを開くと、目次の次に祇園お茶屋案内(家号と電話番号リスト)あり、本文では祇園に関わりを持つ各界の人々がエッセイ等を寄せています。まさに「祇園の祇園による祇園のため」の内容!

下の写真は、親しくお付き合いをさせて頂いているフリーライターの扇子忠さんからこのたび送って頂いた『ぎをん234 陽春号』です。

扇子さんの寄稿文「女の色気、男の色気」が中にあり、京に生まれて祇園に親しまれてきた扇子さんならではの、きっぱりとした男女観が語られています。扇子さんは遊びの世界だけで(なく、現役時代はIT業界で「伝説の営業マン」として知られ、今は宮廷研究家として、さらに小説家としても活躍をされています。

私には、男の色気はともかく、女の色気を語るだけの経験はまだありません(好きなタイプの女性はいます! 笑)。もっと勉強しなくっちゃ!


『隠密刺客遊撃組』1年ぶりの新刊が出ます

前作から1年ぶりとなる新刊『隠密刺客遊撃組(おんみつしかくゆうげきぐみ)』が
4月12日に光文社から発刊となります。

本作は当代屈指の武術研究家である長野峻也先生の原案をもとに執筆した作品です。

主人公は奇人剣豪として知られた平山行蔵子龍。そのほか松平定信、下斗米秀之進(のちの相馬大作)、男谷精一郎といった実在の人物が登場します。

武張りに武張った(怪しい日本語ですね。笑)熱い剣戟をお楽しみ下さい。
巻末に掲載された長野峻也先生の解説「江戸の大奇人と呼ばれた平山行蔵」も必見です。