平茂 寛 の紹介

昭和32年(1957年)1月13日に、静岡県静岡市で生を受けました。  静岡市立新通小学校(美保純の出身校)、同末広中学校(ピンクレディは2年後輩ですが、残念ながら在学中は気付かずじまい)を出て、静岡市立高校(特に有名人なし)から、東京農工大学農学部に進学・卒業。  岡山県で、農業関係の技術者(主に畜産)の仕事をしています。  現在の住処は岡山県津山市。小説「隈取絵師」の舞台です。津山城趾が直ぐそばにあります。  五十歳を契機に一念発起して、小説を書き始めました。  趣味・特技等は、高校生の時から嗜んできた競馬ですね。大学も、東京競馬場の近隣が選んだ理由です。   就職後は、仕事先に馬がいないため、対象を牛にシフトし、乳牛を飼う農家の皆さんと学び合い、磨き合ってきました。牛の話はちょっとうるさいです。   コーチングに関心があります。二年前に、笑顔のコーチング認定ファシリテーターとなりました。

久々にwin5的中

御無沙汰致しております。
ネット怠慢をしていましたが、久々に書き込んでみます。

本年最後の競馬でwin5をGETしました!!
何ヶ月ぶりなのか、数えるのも恐ろしい(笑)

投資金額は21600円。1ー1-2ー2ー2番人気で配当は39440円。
それでも有終の美を飾れて嬉しい♪

本年1年間、ご声援ありがとうございました。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

 


師匠若桜木虔の新著『それ時代ものにはNGです2』

平茂寬の師匠若桜木虔の新著『それ、時代ものにはNGです2』が叢文社から出版されます。師匠の幅広い知見に基づいた時代考証には有無を言わせぬ説得力があります。ぜひともご一読を!
師匠からは、いまだに厳しいご指摘を頂いているのですが、今回、光栄にも解説文の執筆を仰せつかりました。
それも含めてお楽しみいただければと思います。


講演会「知られざる剣豪」を行いました。

5月19日(日)。津山市立図書館にて「知られざる剣豪」と題した講演会をさせていただきました。これは新刊『剣摩推参 隠密刺客遊撃組(弐)』の出版(光文社)にともなって、津山市立図書館主催で行われたものです。

講演会では、新刊本の準主役である真里谷圓四郎の謎に迫りながら、小笠原玄信斎、針ヶ谷夕雲、小田切一雲、松林無雲、松山主水、岡田惣右衛門、大石進、富田越後守、慈恩を紹介しました。いずれも参加いただいた方には初耳の剣豪ばかりで、文字どおり「知られざる剣豪」の紹介ができました。

今回は模擬刀を用いた実演もしました。そのためか、ご来場の皆様にとても喜んでいただけたようです。

講演後、お若い女性の参加者から「私は合気道を学んでいますが、とてもためになりました」などと、思いも寄らぬ感想をいただき、嬉しいやら照れ臭いやら(笑)

講演のための下調べをしているときに、それまで探してもなかった絵図の写真が見つかるなど、意外な収穫もあった今回の機会でした。

最後になりましたが、講演の企画から当日の運営、さらに広報までしていただいた津山市立図書館の皆様に心から御礼を申しあげます。


人相学の本と出会う

本との出会いに感激することがあります。
この本もそうでした。
初版は今から49年前。そのときの有名人の人相から将来を予想しているのですが、あまりの的中度に驚きます。とくに石原慎太郎の項では爆笑😆
具体的な写真を使っての解説(これは一般人をモデルに)も興味深く、感動してしまいました。環境や育ちで顔は変わる。顔が変わると性格が変わり、交友関係・仕事への姿勢・家庭生活も変わる。しかも努力で変えられる場所もある。
なるほどと思わせる部分が少なからずありました。
淫乱奔放な女性の顔の特徴のところでは、思わずガン読みしてしまいましたが(笑)、人の顔に対する関心が格段に高まりました。
あまり人には教えたくないと思いながらも、感動を共有してもらいたくて投稿してみます。


新作『剣摩推参 隠密刺客遊撃組(弐)』発刊しました。

およそ1年ぶりになる書き下ろし時代小説文庫『剣摩推参 隠密刺客遊撃組(弐)』を
3月12日、光文社から刊行いたします。前作『隠密刺客遊撃組』と同様に、当代屈指の武術研究家長野峻也先生の原案をもとに執筆しました。
今回の敵は天水教。出版社より「史上最高」と銘打っていただいた武闘シーンと登場人物のキャラをお楽しみいただければ幸いです。


津山市立図書館協議会委員長に選任されました。

このたび津山市教育委員長から津山市立図書館協議会委員の任命をいただき、同委員会において委員長に選任されました。
とても光栄に感じております。

津山市立図書館には、私の作家活動をデビュー以来ずっと応援いただいております。少しでもお役に立てるならば、これほど嬉しいことはありません。一方で責任も痛感しています。

 

協議会委員の委嘱状です(右)。地元作家を委員にしてしまうなんて、市立図書館はすごく頭柔らかい! 自分のことながら、そう思います(笑)

 

とても嬉しくなって、飲みに行っちゃいました。一緒に喜んでくれる人がいなかったので、この夜は一人で祝杯(笑)
津山市内の「北海」というお店です。刺身の盛り合わせ美味しかったー\(^o^)/

 


フィールド・オブ・ドリームズ

農業大学校で教鞭を執るようになって2年目。ちょっくら余裕がでてきました。
学生が授業中の時間帯、管理しているスイートコーンほ場の畝間を草取りしてます。爽やかな風がトウモロコシの間を吹き抜け、さらさらと葉の擦れる音が心地よく響く。なんと幸せで贅沢な時間。夢のよう。
草取りの手は休めませんが、うっとりと楽しんでます。
まさにフィールド・オブ・ドリームズ!!