講演会「知られざる剣豪」を行いました。

5月19日(日)。津山市立図書館にて「知られざる剣豪」と題した講演会をさせていただきました。これは新刊『剣摩推参 隠密刺客遊撃組(弐)』の出版(光文社)にともなって、津山市立図書館主催で行われたものです。

講演会では、新刊本の準主役である真里谷圓四郎の謎に迫りながら、小笠原玄信斎、針ヶ谷夕雲、小田切一雲、松林無雲、松山主水、岡田惣右衛門、大石進、富田越後守、慈恩を紹介しました。いずれも参加いただいた方には初耳の剣豪ばかりで、文字どおり「知られざる剣豪」の紹介ができました。

今回は模擬刀を用いた実演もしました。そのためか、ご来場の皆様にとても喜んでいただけたようです。

講演後、お若い女性の参加者から「私は合気道を学んでいますが、とてもためになりました」などと、思いも寄らぬ感想をいただき、嬉しいやら照れ臭いやら(笑)

講演のための下調べをしているときに、それまで探してもなかった絵図の写真が見つかるなど、意外な収穫もあった今回の機会でした。

最後になりましたが、講演の企画から当日の運営、さらに広報までしていただいた津山市立図書館の皆様に心から御礼を申しあげます。


人相学の本と出会う

本との出会いに感激することがあります。
この本もそうでした。
初版は今から49年前。そのときの有名人の人相から将来を予想しているのですが、あまりの的中度に驚きます。とくに石原慎太郎の項では爆笑😆
具体的な写真を使っての解説(これは一般人をモデルに)も興味深く、感動してしまいました。環境や育ちで顔は変わる。顔が変わると性格が変わり、交友関係・仕事への姿勢・家庭生活も変わる。しかも努力で変えられる場所もある。
なるほどと思わせる部分が少なからずありました。
淫乱奔放な女性の顔の特徴のところでは、思わずガン読みしてしまいましたが(笑)、人の顔に対する関心が格段に高まりました。
あまり人には教えたくないと思いながらも、感動を共有してもらいたくて投稿してみます。