フィールド・オブ・ドリームズ

農業大学校で教鞭を執るようになって2年目。ちょっくら余裕がでてきました。
学生が授業中の時間帯、管理しているスイートコーンほ場の畝間を草取りしてます。爽やかな風がトウモロコシの間を吹き抜け、さらさらと葉の擦れる音が心地よく響く。なんと幸せで贅沢な時間。夢のよう。
草取りの手は休めませんが、うっとりと楽しんでます。
まさにフィールド・オブ・ドリームズ!!


津山にゃ武家茶がよく似合う(^▽^)

6月26日(火)の夕方5時すぎから、津山市椿高下の呉服屋さん「ちんがらや」さんの2階にて、遠州流茶道のお稽古(お試し版)を行います。

津山は森家、松平家が治めた城下町。かつては武家茶道の流派があったものの、今は絶えていると聞きました。残念です! 津山は武家茶道が似合う町だと思うのですが。ってわけで、ずっと昔の「津山さくら祭り」のコピーをもじってみました(笑)

遠州流茶道は小堀遠州を流祖とし、武家茶道の流儀を今に伝えています。
平茂寬は現在、高梁市頼久寺に遠州流茶道のお稽古に通っていますが、津山の方々にも遠州流茶道の楽しさを知って頂きたいと思い、教授頂いている宮原先生に相談して今回の運びとなりました。

今後、津山市内で遠州流茶道のお稽古が定期的に行われるようになれば嬉しいです。

(問い合わせはhirashigekan@gmail.comまで)

 

右側がご教授をいただく宮原先生(右が平茂寬)です。


FMつやまにて6/30講演会のPRをします。

6月30日午後2時~3時30分に津山市立図書視聴覚室にて行う講演「奇人剣豪 平山行蔵」と対談「出版プロデューサーが語る小説づくりのウラ話」のPRをFMつやまの番組ですることになりました。
6/18日(月)の夕方枠で生放送されます。
お相手をして下さるのはFMつやまのパーソナリティ福吉美鈴さん。爽やかな気配りと美声が素晴らしい女性です。なによりお美しい\(^o^)/
うまいこと話せるか不安ですが、福吉さんのリードで初めての経験を愉しんでこようと思います。
インターネットでも聴けるようなので、もしよかったら。
 

講演会のお知らせ

6月30日の午後2時~3時30分。津山市立図書館開館40周年記念事業の一環で、図書館視聴覚室にて「奇人剣豪 平山行蔵」と題した講演をさせていただきます。
講演に引き続いて「出版プロデューサーが語る小説づくりのウラ話」をテーマに、東京からお招きした出版プロデューサーの細井謙一氏との対談をします。

講演「奇人剣豪 平山行蔵」では、本年4月に光文社から刊行した『隠密刺客遊撃組』のあらすじや登場人物の紹介、さらにはメイキングストーリーについて語りたいと思います。

対談「出版プロデューサーが語る小説づくりのウラ話」の細井氏は、編集者あるいは企画者として数多くの小説を世に送り出してこられました。私にとってかけがえのない師でありパートナーでもあります。
小説づくりの裏の裏まで知り尽くしている人ならではの興味深いお話が聞けること間違いなし! ちなみに細井氏は、作家平茂寬にとってかけがえのない師でありパートナーでもあります。

じゅうぶんお楽しみいただける内容になると思いますので、奮ってご参加下さい。
なお講演+対談後は、平茂寬のサイン会もいたします(いつやっても恥ずかしい:笑)