新潟のへぎ蕎麦は最高っ!

このたびの新潟旅行の主たる目的は、長岡の大花火見物と、旨い蕎麦を食べることでした。
ところが、旅の初日に食べた蕎麦は、昼・夜とも期待外れで大いに意気消沈していたのです。P1020952

でも、翌日に「へぎ蕎麦」(上の写真)を口にした途端、これまでの憂さが一気に晴れました。
へぎ蕎麦は、つなぎに海藻を用いているところが特長で、「へぎ」とは、蕎麦を載せている器なのだそうです。
一口分ごとに並べられた蕎麦は瑞々しい艶を放ち、角がしっかりと見えています。
そうなんです。平茂寬は蕎麦の断面の角がきりっと立って見えるやつが大好きなのです。
口に入れた直後から、つるりとした感触が味わえます。噛むと満足の腰で応えてくれました!
もう、何も言うことはありません。P1020953
天ぷらも、かりっと揚がって文句なし。どれも美味しかった~。
満足しました。これだから旅は楽しいんです。