実感! 体感! 舎密開宗(せいみかいそう)

「実感! 体感! 舎密開宗(せいみかいそう) 現代化学者が語る宇田川榕菴(ようあん)のすごいところ」と題した講演会が、津山市の洋学資料館でありました。
「舎密開宗」は、江戸後期の津山藩医である宇田川榕菴が、洋書をもとに著した我が国初の本格的な化学書です。現代の日本の化学研究は世界に誇る水準にありますが、その礎になったとも言える意義深い書でした。P1020622

「舎密開宗」の現物です。いつもは博物館に展示されており、写真撮影不可なのですが、この日は、ガラス越しでない実物をしっかり見る+撮ることができました。

 

 

当日の講師は、津山工業高等専門学校の廣木一亮准教授でした。
先生は、「たのしい化学実験」ブルーバックスの中で紹介されていた電気分解実験の図を見たことをきっかけに化学に目覚めました。その図こそが、「舎密開宗」に書かれていたものだったのです。
P1020625

 

左上の図が、廣木先生の運命を変えた!
「ボルタ電堆によってアルカリを分解する方法」として示されているところ。

 

P1020635

 

 

現代の実験器具を用いて、「舎密開宗」で示されている電気分解実験の再現も行われました。さすが化学者。なお廣木先生は、ノーベル化学賞受賞者の白川英樹先生の最後のお弟子さんだそうです。

 

 

P1020627

 

 

講演では、「舎密開宗」の内容が、鎖国にあった江戸時代の日本で書かれた本でありながら、世界での先端情報が素早く取り込まれている、と言及をされました。

 

P1020621

当日の展示物の一つ、蘭引(らんびき)。蒸留装置です。一番下の槽に焼酎を入れ、一番上に氷を入れておくと、真ん中の口から蒸留されたアルコールが出てきます。実際にやってみたところ、80%程度のアルコールが得られたとのこと。この濃度が最も殺菌力が高いのです。
なお、写真の蘭引は、備前焼作家の細秀山(きのしゅうざん)先生が再現された作品で、津山洋学資料館に寄贈されたものです。
備前焼を直接火にかけると割れてしまうのですが、秀山先生は割れない備前焼を作ることができるそうです。

美作の歴史と備前の匠のコラボ。岡山ならではの味のあるお話だと思います。

ちなみに、宇田川榕菴は、拙著『悪采師』(朝日新聞出版)に、重要な脇役で登場しています。

津山には榕菴のほかにも、素晴らしい洋学者がいます。当日の会場では、「津山の洋学者を主人公にした小説を書いて欲しい」との励ましの声をいただきました。


ちりめん細工とケーキ

2月18日~22日に津山市内で開催された第35回津山市医師会美術展に行ってきました。
町内のお医者さんのご家族が、毎年出品をされており、いつも楽しみにしています。

今年はちりめん細工の作品を出品されていました。P1020618

 

医院経営をしながら、よくもこれだけの制作をできるものだと、いつも感心させられます。

P1020614

 

それも素敵な作品ばかり。

左の写真が、なかでも一番気になった作品です。金魚のペアでした。写真では縮緬の布目の味がでなくて残念です。

 

P1020616

 

金魚鉢に入れたユーモラスな作品も。

 

 
P1020617

 

 

ステンドグラスで作るスタンドは、毎年趣向を変えて制作されています。なんともいえない色合いですね。溜息が出ました。

 

 

ムードランプ赤

 

ちなみに、これは一昨年に出品された作品です。

 

 

 

P1020619

当日は、津山市の洋菓子店アンジェのケーキもいただきました。
これは美味しかった!
抹茶味の餅皮の中に、抹茶ムースが包まれています。
全体に甘みを抑えていました。
特に和菓子チックな餅皮は、口当たりの滑らかさ、適度な硬さと粘り(スプーンでは切れず、口でがぶりと噛み切る)、仄かな甘み・・・もう、言うことなし!

中のムースも、クリームと抹茶が馴染んで、病みつきになりそうな味でした。
アンジェさんは、地元の農産物を積極的に活用されています。
上に乗っているのは作州黒(美作産の黒大豆)。薄い塩味が効かせてあって、それがよくクリームと合って・・・。
栗は、美作特産の作州栗ではないでしょうか。
ついでに抹茶の茶は、美作海田のお茶でしょうか。もしかしたら餅は新庄村産のヒメノモチ?
つい冗舌になってしまいましたが、それぐらい満足のできるケーキでした。


遠州流茶道岡山支部初釜の会

遠州流茶道の岡山支部が、高梁市の頼久寺で初釜の会を行いました。平茂寬も参加したので簡単ですが、報告を。

P1020609

 

濃茶のお点前の道具ですが、平茂寬はまだまだ勉強不足。

コメントをつけられません。
ここは写真だけ、ということで・・・・(^_^)

雰囲気だけでも味わって、いただければ。

 

P1020610

 

 

 

 

 

 

P1020611

 

床の間の掛け軸は、「未だ忘れず春草の夢」と読むのだそうです。
若い頃の情熱とか純粋さをいつまでも忘れずに生きたい、という意味でしょうね。

 

 

 

P1020612

 

恒例の福引きで当たったマグカップ。ドイツのヘキストというところで造られた陶器です。
本カップの意匠を、先代のお家元がなされたと聞きました。

 

 

P1020613

 

 

濃茶→点心→福引き→薄茶 の流れ。ゆったりとした時間を過ごしてきました。