平茂寬著新刊本のご案内『とっぱあ与力 年番方筆頭事件帖 (1) 』

皆様。
長らく、ブログをお休みしておりましたが、復活を致します。
病気とか事故に遭ったわけではありません。ずっと執筆に集中していたわけで。
なかなか、執筆活動とブログの更新の両立は難しいですね・・・。

さて、このたび、半年ぶりに新刊を刊行できる運びとなりました。
KADOKAWA/富士見書房から、新時代小説文庫『とっぱあ与力 年番方筆頭事件帖 (1) 』を9月10日前後に出版いたします。

「とっぱあ」とは、岡山県の美作地方から鳥取県にかけての方言で、とっぴなことをする人や常識に適わぬ行動・発言をする人を指します。
岡山県内ならば、どこでも通用する方言だと思います。
主人公の南町奉行所年番方与力 戸辻八右衛門は、もちろん美作地方の出身。「とっぱあ」な行動で周囲を驚かしながら、事件を解決していきます。

ペースはゆっくり目になりますが、「とっぱあ与力」の話題を中心に情報を提供していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。