作家の本棚22『江戸の名奉行』

『江戸の名奉行』新人物往来社は、44人の奉行を取り上げ、その活躍や実績を、エピソードを交えて紹介している本です。
奉行と一口に言っても、勘定奉行や寺社奉行、長崎奉行などなど、結構、役の数は多いのです。しかし、この本で取り上げているのは、ほとんどが江戸町奉行です。
通読したわけではありません。興味を抱いた部分だけ読んでいます。ぱらぱらページを捲ってみるだけでも、楽しめますよ。
44人の内訳は、大岡越前守忠相、遠山の金さん、鳥居甲斐守などそうそうたる顔触れが並びます。img090

平茂寬が最も魅力を感じたのが、根岸肥前守鎮衛(やすもり)。御家人から町奉行にまで上り詰めた、という、普通ではありえない経歴の人です。さらに遡れば、そもそも実家は百姓で、御家人株を買って幕臣になったという経緯。ますます興味を惹かれます。
また、幕閣として活躍しながら、巷の奇談珍談、雑話などを聞き書きした、十巻千話からなる「耳嚢(みみぶくろ)」という随筆まで残している点も異色です。
豪放磊落で声が大きかったとか、自白主義だった当時の決まりを無視した判決をしたとか、面白そうな話題がいろいろあります。
江戸の庶民がこぞって「名奉行」と呼んだそうですから、遠山の金さんや大岡越前よりも、もっと広く知られてもいいのでは。
根岸肥前守を主人公にした作品を、そのうちに書いてみたいと思っています。


今年もNHKマイルカップを的中させる

NHKマイルカップは、大きな顔で予想ができる唯一のレースです。

昨年は、カレンブラックヒルを軸にして的中。最近になって、同馬は見事な復活劇を演じましたね。万馬券を手にした年もありました。当時、家計が非常に苦しかったので、大いに救われました。
今年の軸馬は⑩ミッキーアイルです。ミッキーアイルはシンザン記念のときにも軸にしました。勝つには勝ちましたが、平茂寬が期待したほどの圧倒的なレース内容でなかったので、能力の限界を感じた記憶があります。
前レースのアーリントンCを圧勝して、力を見せつけましたが、本心では、未だに心許なさを感じています。
それでも軸にしたのは、馬券戦術ゆえの結論です。おそらく3コーナー手前ぐらいから、逃げるでしょうから。
相手は③⑥⑮⑯⑰。