Patisserie Eleverのモンブラン

津山市のケーキ屋さんエルヴェのモンブランです。今年の5月にお店をオープンしたばかりとのこと。色気
この角度から撮影すると色気を感じませんか?解剖図

これが解剖図です。
表面のマロンクリームは、もっちりした触感がしました。中に柔らかなクリーム。栗のシロップ漬けは、ほどよい硬さでした。
一番美味しく感じたのは、土台となっているビスケット(?)。若干の塩味が新発見。染み込ませてある洋酒の味との相性をよく感じました。

平茂寛の趣味としては、甘すぎるように感じましたが、同時に購入したショートケーキを味わった子供会のお母様方からは、甘さ控えめで美味しいとの高評価。お母様方によれば、モンブラン自体が甘いので、選んだほうが悪いとのお話でした。


今年の天皇賞は⑨ジェンティルドンナで

平茂寬の馬券道からいけば、⑪トウケイヘイローの軸は動かないところだ。
ここ二戦の勝ちっぷりは見事だ。重馬場でぶっちぎった前走と同じ走りができれば、勝てそうにも思える。
しかし、①勝ったと言っても中央の場ではない②前走が調子のピークだったのでは、の2点が気になる。穴ならば、買わずにはいられない馬なのだが、どうも今回は気が乗らない。

そこで⑨ジェンティルドンナを軸にする。本命なので面白みはないが、地方競馬の強豪を思わせる戦績こそは、抜きんでた力の証拠だ。

ヒモは①⑪⑭⑮⑯。