佐世保Sは②テイエムタイホーから

小倉競馬場のメインレースは②テイエムタイホーが逃げるはずなので、この馬から流す。
相手は①③⑥⑦⑨の5頭。

平茂寛の近所には、競馬の名人がいる。
時々、狙い馬を教えてもらうのだが、どうしてその馬に着目したのかが、よく分からない場合が多い。
競馬のセンスの差だろう。どう、逆立ちをしても真似の出来ない部分だ。
従って、平茂寛のようなセンスのない人間は、考えるほど勝ちから遠離ると考えておいたほうが良い。
そこで、勝つためには、逃げ馬一本狙いという、向こう任せのアリジゴク的馬券戦法を採らざるをえないのだ。
幸いに、この方法で馬券を買うと、的中数は少ないものの、年間通してみると、黒字ないしは若干の赤字程度で愉しめるようになった。
今年も現在のところ黒字が続いている。
地方場所になってからは特に調子が良い。今日もいけそうな気がする。