池田泰弘きり絵展(津山市M&Y記念館)「なつかしの津山」15

l「江見写真館に残る昔の津山の風景を、池田泰弘さんが、きり絵で表現した作品展です。昭和初期のモノクロームの風景が、池田さんの感性により色彩豊かなきり絵作品になりました」(説明を抜粋) 会場は、棟方志功・柳井道弘記念館(M&Y記念館)

これは、昭和20年代に、桜満開の鶴山公園(津山城趾)で、籾摺り機などの農機具展示会が実施されていた時の模様ではないかと思われます。現在も時々、農協主催の農機具展示会を見る時がありますが、基本的な雰囲気は変わりません。