池田泰弘きり絵展(津山市M&Y記念館)「なつかしの津山」11

 

「江見写真館に残る昔の津山の風景を、池田泰弘さんが、きり絵で表現した作品展です。昭和初期のモノクロームの風景が、池田さんの感性により色彩豊かなきり絵作品になりました」(説明を抜粋) 会場は、棟方志功・柳井道弘記念館(M&Y記念館)

戦時中の軍事教練。毒ガス用のマスクが印象的です。以前に掲載した騎馬の訓練風景の切り絵と比べ、ずいぶんと差し迫った状況を感じさせます。
訓練の様子に見入る人々は、どんなことを考えていたのでしょう。