第62回スプリングS。三連単をゲットしました。

スプリングSの馬連②⑤1,090円と三連単⑤②⑮29,470円が的中しました。

阪神の準メインも逃げた2頭で決まり。今日はまるで先行馬祭(ゴールドシップは別格として)。
雌伏の1年、長いトンネルの後、ようやく、喜びの報告ができました。ああ、幸せ。

ロゴタイプは強かったですね。距離適性云々を言われていますが、今日のレースぶりから、皐月賞までなら問題ないと判断しました。

春のクラシック戦線を前に、幸先の良い日となりました。来週もやるぞお!


スプリングS:三連単ボックスを追加します。

準メインの但馬Sで馬連⑪―⑫が的中しました。配当は、16,620円。

平茂寛の馬券の買い方は、準メインで60倍以上の配当を得た時に限り、メインを3連単ボックスで転がします。ここ1年以上、まったく鳴かず飛ばずでしたが、本日、久々にコロガシのチャンスを得ました。

というわけで、②④⑤⑦⑮の三連単をボックスで購入しました(60点)。さあ、どうなることになりますか。


スプリングSは⑤ロゴタイプ

昨夜は、仕事の同僚の送別会だった。
送り出したのは、いつも真摯な態度で職務をこなし、数々の実績を上げてきた男だ。
定年を待たずに退職するので、惜しい気はするのだが、奥様と、ずっと前から決めていたとのこと。二人で愉しみながら、地元で農業をする計画らしい。
もはや、他人がどうこう言える話ではなく、農業生産の現場で、はつらつとした仕事ぶりを発揮するよう、心から祈りたい。

送別会の料理に、退職する同僚が、特に好んだ津山名物のホルモン鍋を選んだ。独特のだし汁で煮たホルモンの甘みとサニーレタスの食感が絡み、なんとも旨い。おかげで気持ちのよい酒が飲めた。

さて、本日の中山競馬場のメインレースでは、⑤ロゴタイプを軸にする。朝日杯FSの勝ち馬という金看板はやはり重い。加えて、朝日杯は、外枠が圧倒的に不利とされている中山のマイル戦だった。にも拘わらず、14番枠から先行して勝ちきったのは、地力がなせる技だろう。

ヒモは、②④⑦⑮⑯。