1年ぶりに新刊『聖剣将軍事件帖 星の謎解き』を刊行できました。

前作『若さま水鏡剣」から1年を経過し、ようやく新刊を出版できました。前作と同じ株式会社コスミック出版さんから刊行です。

ここに至るまで小説工房シェルパの細井さん、コスミック出版の松雪さんには大変お世話になりました。心からお礼申し上げます。

今回の主人公は八代将軍の吉宗です。
吉宗は天文学に造詣が深く、自ら観測機器を製作して天文観測をしていたほどでした。
また、吉宗が将軍に就任する半年前に、天文方(てんもんかた)を補佐する暦作御用手伝(れきさくごようてつだい)に登用された異色の人物がおりました。名は猪飼豊次郎(いかいぶんじろう)。
物語は三話構成で、吉宗と豊次郎、さらに豊次郎の母お多恵が加わって進んでいきます。
天文を巡るさまざまな話題に触れながら、登場人物のキャラと会話を楽しんでいただければ幸いです。もちろん事件解決までの経過も(^_^)
なお、吉宗が振るう刀は天下五剣の一つに数えられる「数珠丸恒次(じゅずまるつねつぐ)」。かつて日蓮聖人が聖剣として所有していたものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です