頼久寺の茶室から

先週の土曜日に頼久寺でお茶の稽古がありました。

P1010206

 

この日は、待望久しい雨が降りました。
簾越しのツツジはとてもきれいでしたが、実は、2週間前が見頃だったそうです。

稽古では、この日初めて、袱紗のたたみ方を先生に教えていただきました。基本的な袱紗のたたみ方に加え、こき袱紗、たたみ袱紗の三種類がありました。

たいへん嬉しかったですね。
先輩方が鮮やかに袱紗を扱う姿に憧れていたので、是非、前からやってみたかったのです。
先生の指示通りにやっているときは、気持ちよくできるのですが、すぐに忘れてしまいます。

挨拶から、お菓子を頂き、点前を見て、濃茶をいただく。先生から、いろいろなお話を伺って……あっという間に時間が過ぎていきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です