講演会「知られざる剣豪」を行いました。

5月19日(日)。津山市立図書館にて「知られざる剣豪」と題した講演会をさせていただきました。これは新刊『剣摩推参 隠密刺客遊撃組(弐)』の出版(光文社)にともなって、津山市立図書館主催で行われたものです。

講演会では、新刊本の準主役である真里谷圓四郎の謎に迫りながら、小笠原玄信斎、針ヶ谷夕雲、小田切一雲、松林無雲、松山主水、岡田惣右衛門、大石進、富田越後守、慈恩を紹介しました。いずれも参加いただいた方には初耳の剣豪ばかりで、文字どおり「知られざる剣豪」の紹介ができました。

今回は模擬刀を用いた実演もしました。そのためか、ご来場の皆様にとても喜んでいただけたようです。

講演後、お若い女性の参加者から「私は合気道を学んでいますが、とてもためになりました」などと、思いも寄らぬ感想をいただき、嬉しいやら照れ臭いやら(笑)

講演のための下調べをしているときに、それまで探してもなかった絵図の写真が見つかるなど、意外な収穫もあった今回の機会でした。

最後になりましたが、講演の企画から当日の運営、さらに広報までしていただいた津山市立図書館の皆様に心から御礼を申しあげます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です