茶道教室に通っている岡山県高梁市の名勝頼久寺の境内にあるもの7

干支と小僧さんの像は、今回は鼠です。
耳元に囁き、袖口を引っ張っている鼠たちは、小僧さんに「遊ぼうよ」と誘っているように見えます。穏やかな小僧さんの顔がなんとも言えませんね。

ちゅー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、こうした干支の像は、頼久寺の住職に伺ったところ、中国で造られたものだそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です