茶道教室に通っている岡山県高梁市の名勝頼久寺の境内にあるもの6

P1010370この写真も農村部について知らなければ、意味が分からないのかもしれません。タケノコの出るシーズンは、まさに猪と人間の競争になります。ほとんどの場合は、猪が先に見付けてしまいますが。
膝に足を乗せ、タケノコを欲しがる猪に「だめだめ」とお坊さんは顔をしかめています。高く持ち上げた左手はもちろんですが、右手が、タケノコの入った盆の上を手で覆い、猪から守ろうとしているように見えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です