茶道教室に通っている岡山県高梁市の名勝頼久寺の境内にあるもの2

サル数珠を片手に提げた小坊主(仏様?)が、猿と「言わザル、聞かザル」の格好をして遊んでいる微笑ましい構図だ。
小坊主は片肘ついて横になり、くつろいでいる様子。立てた片膝の上に猿がちょこんと乗っている。
小坊主の茶目っ気を感じさせる表情もいい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です