若桜木虔著『御庭番通史』が電子書籍となって出版

平茂寛の筆道師匠であり、常々、尊敬して止まない若桜木虔先生の新刊『御庭番通史が、このたび、電子出版刊行と相成りました。

本書は小説ではありませんが、深くて、かつ実戦的な歴史考証をお持ちの先生ならでは、の歴史本となっています。

読み終えた時には、徳川吉宗、大岡越前、田沼意次、青木昆陽、間宮林蔵など、誰でも耳にした経験のある人々の人物像が、一変しかねない内容です。ぜひ、一読を。

併せて、将軍位を盗んだ男 吉宗の正体 文庫ぎんが堂 もお薦めします。『御庭番通史』の記述の源流となる、驚くべき歴史観に触れらること請け合います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です