美作国建国1300年記念協賛展 美作の美術展 5月31日から開催。

美作国建国1300年記念協賛展「美作の美術展」が岡山県立美術館で5/31~6/30開催されます。たぶん、これだけの作品の揃う機会は、もう、ないのではないかと思います。

WS000000

 

仏像では岡山県最古の

銅像聖観菩薩立像(真庭市・竹元寺)、平安時代の木造十一面観音像(美作市・安養寺)など、貴重な7点が展示されます。

 書は寂室元光や平賀元義、近世画家では剣豪宮本武蔵や文人画広瀬壹山、津山藩狩野派の絵師らの作品が登場。
中でも鍬形蕙斎については多くの作品が岡山初公開です。今まで見たくても見られなかった作品が何点もあるので、平茂寛は、開催を首を長くして待っております。

また、津山洋学資料の数々、近代の画家赤松鱗作、棟方志功、有元利夫らの作品、木工や染織作品など、見どころ満載です。お近くの方でなくても、見て来ていただきたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です