美作の美術展開幕

WS000000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待ちに待った岡山県立美術館の「美作の美術展」が始まりました。
さっそく、行ってきました。
平茂寛の注目は、小説「隈取絵師」の主人公に仕立てた鍬形蕙斎の絵。もう二度と見られないほどの数の絵が勢揃い。

これまで写真でしか見ることのできなかった絵の現物が幾つもあります。
特に「菊図」をはじめとする写実的な肉筆画は、現物を見ないと素晴らしさがじゅうぶんに伝わりません。晩年の大作「隅田川図屏風」も見られて感動!

直接、絵をお示しできないのが残念です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です