第60回神戸新聞杯の結果

⑭ゴールドシップは段違いの強さでしたねえ。この勢いなら菊花賞もかなり行けそうです。

皐月賞と菊花賞を勝った馬では、セイウンスカイが記憶にあります。セイウンスカイの前哨戦は、神戸新聞杯ではなく、古馬も混じった京都大賞典(だったと思う)で、2,400mを逃げ切りました。

軸馬にしていた⑧メイショウカドマツは直線半ばで早くも馬群に呑まれていきました。紐にした馬すら連に絡まない・・・まあ、気持ちよいほどの完敗!

平茂寛の秋シーズンは始まったばかり。これから、じっくりと実が落ちてくる時を待ちますぜえ。


第60回神戸新聞杯の結果” への2件のコメント

  1. 穴狙いで、気持ちいいほど強気の攻めですねえ。
    メイショウカドマツはうまく逃げてくれればと私も買いましたが、あのメンバーの中に入るとまだ力不足かもしれません。

    私は2着のロードアクレイムを持ってたんですよ~。
    でも、ゴールドシップが連を外すなら今回かな、と思って、あえてボックスに入れなかったんです(軟弱なので、ボックス派です)。そしたら、あっさり勝たれちゃいました。強かったですねえ。脱帽です。
    一番人気との組み合わせなので、そんなにつかないと思っていたら、馬連結構ついちゃいました。ゴールドシップ様、逆らってゴメンナサイって感じでした。
     
    オールカマーのほうも、ダイワファルコンを持っているのに、ナカヤマナイトが抜けているといったトホホな結果で、中継が終わったらがっくり疲れてしまいました。

    来週は早、GⅠですね。
    ぜひまた予想をお聞かせくださいね。

    • 風花さん

      競馬道の王道行ってますね! 来週ですか? 私にお任せ下さい。

                     平茂寛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です