第19回 遠州茶会

11月16日(日)に岡山県高梁市の頼久寺で、第十九回遠州茶会が開催されました。
平茂寬は、遠州流茶道岡山支部の一員としてお手伝いをしました。
今年度の話題は、なんと言っても「茶道テディベア」の登場。遠州流宗家が、ドイツのテディベアの会社と提携して作成した特別版の人形です。
モデルは、昨年度公開の映画「父は家元」でも、爽やかな容姿を見せていた、お家元のお嬢さんとのこと。

前

 

 

前から:つぶらな瞳で見上げられると、心が揺すぶられます。

 

 

 

 

後ろ

 

 

後ろから:帯をきれいに結んで、和服の色合いが可愛らしい。

 

 

 


横

 

 

横から:お茶のお運びをしている姿。

 

 

 

 

本人形は、遠州流茶道のホームページから購入可能とのこと。ちなみにテディベアに詳しい女性の話では、白いタグ(横写真の耳にあるもの)は限定品を意味するので、ようするに、レアなものらしいのです。
平茂寬は、今年も受付係。終了後、「来年はお点前しましょうねー」と先生から励まされました。もちろん、がんばりまーす!

人

 

 

 

 

 

 

庭

 

遠州作庭の景色もワンシーン紹介しておきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です