第105回文化財めぐり 「津山城を歩いてみよう」に参加しました

img147

 

「津山城を歩いてみよう」は、津山郷土博物館が主催したイベントです。
今年の二月に津山郷土博物館が発刊した『学芸員が作った津山城の本』に関連づけて開催されました。
学芸員さんの説明を聞きながら津山城を巡るという、とても嬉しい企画でした。

 

 

 

P1020806

 

参加者が127人にもなり、主催者も、まさかここまで多数の参加があるとは予想しておらず、一部予定を変更しての実施となりました。

 

 

解説を聞く中で、特に印象に残ったのは、「津山城は未完成だった」という指摘です。
「慶長九年(一六〇四)から十三年をかけて津山城は完成した」と言われてきましたが、実は、元和元年(一六一五)に幕府が公布した「武家諸法度」により城郭の新築が禁止され、津山城の築城も途中で終了せざるを得なかった、というものです。
P1020802

その証拠として、通常の城づくりであるべき場所に櫓門がなく(当時の絵図に描かれていない)、なおかつ櫓門の基礎と思われる石垣のみが残っている点を挙げています。
左写真の石垣の右側に、一段高くなっているところが見えますが、そこから左が櫓門の基礎と考えられている部分です。

また、平茂寬の勤務場所(美作県民局)の正面が、江戸時代の田町門に当たることも知りました。下写真の奥に見える建物が美作県民局です。P1020808

説明は復元グラフィック図を示しながら行われました。現在残る石垣の形状と比較すると、当時の様子がよく想像できましたよ。

小説のデビュー作の舞台が津山城だったので、参加者の方々から「読みました」と、お声をかけていただきました。ちょっと幸せ気分~(^_^)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です