第五章 普請始まる 17 (8月14日の投稿から連載している小説です)

太陽が山の稜線から離れた。細かに波打つ鰯雲が、微かに赤味を残す空に広がっている。
嘉芽市は、宗之助に暇乞いし、普請現場に再び向かった。昨夜から眠らぬままだった。
鍛冶場の建て直しを早急にしなければならない。普請への影響を考慮すると、なによりも先んじて為すべき作業だった。
横には、武三郎がぴったりと貼り付いている。昨夜の狼藉者が、再び襲いかねないと、用心棒を買って出たのだった。
「鍛冶場が燃えたことで、人夫どもが、また水神の祟りを気にするのではないか、心配にございまする」
「懸念どおりと、なり申そう。致し方ござらぬ。が、斯様な時こそ、指揮する者の心の力量が、問われるのでござる」
武三郎の言葉は、厳しい中にも、嘉芽市の成長を見守ろうとする優しさが溢れていた。
普請現場に到着すると、人夫の顔色や動きに、早くも変化が生じていた。
人夫どもは、落ち着きを失い、おどおどと目を動かすばかりで、仕事にさっぱり身が入っていない。現場全体が活気を失い、寒々とした陰気な空気に沈んでいた。
鍛冶場から、ぽんと飛び出した火玉が天空に上り、二里を飛んで、嘉芽市の屋敷に落ちた――という噂が、人夫の間に広がっていた。
「ついに水神様が、本気で怒りんさった。次にゃあ、儂らに罰が下る番じゃ。やれ、きょうと(恐ろしい)」
噂の震源は弥十郎以外には考えられなかった。まことしやかに、作り話を吹聴しているに違いない。
憤慨する嘉芽市の前に、石工の一人が、血相変えて飛び込んで来た。
「小鍛冶どもの姿が一人しか見えませぬ。他は夜逃げしたのでは――と」
今度は小鍛冶か! 両膝から力が抜け、へなへなと腰を落としそうになる。石工が見ている手前、辛うじて踏み留まったが。
当面の鑿の在庫に不足はなかった。だが、いずれは尽きる。小鍛冶が一人では、どう勘定しても、保ち堪えられない。
嘉芽市は、悪い夢でも見ているような気がした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です