第七章 槌を振れ 10 (8月14日の投稿から連載している小説です)

十月も中旬となった。
「ふうむ」
嘉芽市の手捌きの良さに、親分が唸っている。極く短期間に格段と鍛冶の腕前を上げていた。
修行を始めて、十日も経たぬうちから、一通りの作業をこなすようになったのだから、まさに驚異的である。町見術で鍛えた並外れた観察眼に加え、寝食の時間を惜しむほど、貪欲に修行に取り組んだ結果だった。
もちろん、仕事の早さや、鑿の出来映えは、まだ、親分の足元にも及ばないが、
「あと少し腕が上がりゃあ、使える鑿ができるようになりますらあ」
と、お墨付きを貰うほどの上達ぶりだった。
親分も、飲み込みの早い嘉芽市が、とりわけ可愛いらしい。身体中に、火傷や傷を拵えながら奮闘する様子に目を細めている。まるで、我が子の成長を楽しんでいるかのようだ。
だが、全てが順風満帆とは行かなかった。
鍛冶場に武三郎が訊ねて来た。日頃、顔に感情を出さない武三郎が、珍しく沈鬱な面持ちで口を開く。
「掘削が、さっぱり捗らぬ。やはり、陣屋の役人では駄目でござる」
早く、熟練した石工を手当しなければならなかったが、嘉芽市が鍛冶修行に忙殺されていたため、棚上げにしていたのだ。
「岩を叩き、音を聞いて見立てたところでは、岩の層は、あと三尺ほどで終わりそうでござる。手の立つ石工が入れば、一気に普請が進むに違いござらぬ」
「分かりました。それでは今晩から、堀坂の村を一軒一軒、しっかりと回り、以前に石工として働いていた者どもを説得いたしまする」
武三郎の赤黒い顔の表面が、火炉の光を浴び、てらりと光った。
「しかし、堀坂の石工どもは、祟りや事故を理由に、普請から逃げ出した者ばかり――言わば、不安で凝り固まった連中でござる。説き伏せるのは至難の業では……」
「近場では、堀坂以外に手慣れた石工は居りません。遠路から石工を連れて参るだけの日が足りぬ以上、他に手立てはございませぬ」
嘉芽市は、唇を引き締め、決意を口にした。
「祟りの噂も含め、元を辿れば、全ては身共が不徳から発するところ。裏を返せば、身共以外に、堀坂の者どもを翻意できる者はおりませぬ」
親分が、渋い表情で二人の会話を聞いている。愛弟子を他の者に奪われる気持ちになっているのだろうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です