矢坂山ツツジ祭

4月11日(土) 矢坂山を見る会 主催の「矢坂山ツツジ祭」に参加しました。
場所は岡山市。午前中はツツジ散策会で4kmあまりを山歩き。午後からは歴史講演会という充実した内容です。
雨の滴が残る花弁がとても瑞々しく見えました。地元の方のお話では、咲いてから花の終わりにかけて、色が濃→薄に変化するとか。

P1020728

P1020727
目的の富山城(とみやまじょう)の本丸にも、ちゃんと到着できました。P1020741

午後からの講演は、この富山城の城主であった浮田詮家(うきたあきいえ)をテーマとしたものでした。
当日、現地の案内から講演まで大奮闘された坪井章先生は大変な博識の方で、過去から現在、はては未来まで、縦横無尽のお話をなされ、感服をしました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E5%B4%8E%E7%9B%B4%E7%9B%9B
千姫事件で有名な坂崎出羽守とは、この浮田詮家のことなのです。

当日は、岡山歴史研究会の丸谷さんからも、非常に興味深いお話を伺いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です