生まれて初めての茶席に向けて出発

7月8日の朝です。

これから愛知県みよし市に向かいます。新幹線と地下鉄を乗り継いでおよそ3時間少しの旅。
目的は、「蒼天庵披露茶会」という遠州流茶道の茶席に参加するためです。
濃茶、薄茶、点心と、正式の茶事の流れに沿って行われ、しかも宗匠の点前を直接見ることができるらしいので、非常に楽しみです。

ただ、茶席の客として自分自身がどうかと言えば、甚だ心許なくて・・・。なにしろ、お茶を習い始めてから、まだ3回しか稽古を受けておらず、中間の自習もないがしろにしてきました。
せめて、周りの方に迷惑をかけてはいけないと、昨晩はテキストを読んで、イメトレをしてみましたが、効果は??
大失敗だけはしないように、祈るばかりです。

なにはともあれ、面白い一日になりそう!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です