狩野如水の屏風絵を見た(津山にある古美術旅館「お多福」)

地元津山市の旅館「お多福」に、お邪魔をしました。創業以来、80年を越える、この旅館には、郷土の絵師や文人が遺した、多数の絵画、書画、遺墨などが展示保管されています。いずれも、御主人の竹内佑宜(ゆうき)さんが、十代の頃から収集してきたものです。

「隈取絵師」には、恵斎のライバル絵師として、狩野如慶(かのうじょけい)が登場します。写真は、如慶の父である如水(にょすい)が描いた屏風絵です。もちろん実物。

アップすると、ちゃんと「如水」の文字が読み取れますね。

横に立っておられるのが竹内さん。社団法人津山市観光協会の会長を務める傍ら、郷土の歴史や人物についての多数の著作をされています。

ちなみに、「隈取絵師」でも、竹内さんの著書「康哉写楽(やすちかしゃらく)」を参考文献とさせて頂きました。

この日は、「隈取絵師」の登場人物に関連した貴重な収蔵品を見せて頂き、大感激! 詳しい内容は、また後日の機会に紹介します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です