津山洋学資料館の前にある粋な喫茶店。

津山市の人気スポット洋学資料館の前にある軽食・喫茶店の和蘭堂に行ってみた。

 

こんな店。裏側に、洋学資料館がある。

 

 

 

 

入り口のところを、内側から撮った。店内はほどほど明るくて、くつろげる雰囲気がある。

 

 

 

和蘭堂の内部から洋学資料館の方角を見たところ。

津山の洋学を支えた偉人たちの像が並んでいる。


 

 

何気なく注文して飲んでいたコーヒーだったが、実は曰わくが。

そもそも日本語の「珈琲」なる漢字を作った人物は、津山の洋学者宇田川 榕菴だった。

 

このコーヒーは当時の豆のブレンドまで考慮した、一種の再現品。

洋学資料館では、館長を中心に、幕末の洋学を巡る物事を再現しようと、海外とも連携して、様々な試みを継続してきた。

このコーヒーもそうした拘りを感じる。

 

各テーブルには、膝掛け用のブランケットが置いてある。

店員さんも誇りを持って、仕事をしているように感じた。

ゆったりと、いい時間が過ごせましたよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です