東京競馬場でAKB48を見た

東京競馬場のスタンドの中の展示コーナー。JRA(日本中央競馬会)は、AKB48を宣伝に使っているんですね。あまりテレビ(地上波)を見ないので知りませんでした。

ま、売り上げが減少傾向にはあっても、まだまだ資金は豊か。超人気アイドルの登用もできるんでしょう。でも、この企画はとても成功しているように見えました。たくさんの人が興味を持って見に来ていましたから。

 

メンバーのCM撮影時コスチュームまで展示していたので、驚きました。これは大島さん。

JRAは、以前から、若者を競馬場に集めようとする意図を明確にし、戦略的な宣伝・企画を続けてきました。その甲斐あってか、東京競馬場には、たくさんの若者男女が訪れていました。昔は、7~8割あった親父シェアが、今や2~3割に減少。時代の流れを感じます。

 

 

とても、競馬場の中とは思えないでしょう?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です