朝日杯FSは①ベルカント

中山競馬場の1600mはコース形状から内枠が有利だと言われています。
2歳チャンピオンを決定するレースを、そのようなバイアスのあるコースで行うのが果たして妥当かという意見もあると聞きました。
そこで、中山1600mだけは、逃げ馬主義の例外扱いとし、1番から流しています。

今回は①ベルカントが逃げ馬でもあるので、軸は決まりです。ヒモも単純に②③④⑤⑥に流します。
ここのところ、週末は出ることが多く、腰を据えて競馬を楽しめませんでした。今日は久々の勝負です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です