有馬記念も逃げ馬を追う③カレンミロティック

本年の競馬もあと2日を残すのみとなりました。
今日は有馬記念。平茂寬が1年間で最も熱くなるレースです。
ぼろぼろに負けた年は数知れず、一方で、会心の結果を得たときも一度ならずありました。
オグリキャップにトウカイテイオーなど、感動をもらったレースも忘れられません。
引退レースになるスター馬が華を飾る例が多く、また印象的なので、今年はオルフェーブルで決まりの雰囲気が濃厚ですね。
でも、こんなときこそ、我が馬券道は通さねばならないと思います。となれば、逃げが予想される③カレンミロティックから行くのみ。金鯱賞勝ちというのがいいです。快速とスタミナを併せ持った勝ち馬が多いですからね。
さらに父親がハーツクライなのも魅力でしょう。産駒には、本馬がディープインパクトを破ったときのように、観衆の夢と期待を砕く役がよく似合います。
相手は①⑧⑨⑭⑯。ですが、最後は当てたいので⑥も付け加えます。

本サイト予想では、ハズレばっかりなのですが、予想を掲載していない準メインをこつこつ拾った関係で、今年も有馬の結果如何にかかわらず黒字となりました。昨年は3年ぶりに赤字に転落したので、復活できて喜びもひとしおです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です