岡山駅前・吉兆庵美術館「有栖川宮・高松宮ゆかりの名品」展に行きました。

源吉兆庵は、東京銀座にもお店がある有名な和菓子屋さんです。
先月、店舗と美術館を併設したビルが岡山駅前に完成しました。

美術館の開館を記念して、今年5月に東京・上野の森美術館で開催された「有栖川宮・高松宮ゆかりの名品展」の巡回展が、11月22日から来年1月17日まで開催されています。そこでは、吉兆庵美術館が所蔵しているボンボニエールも20点加えているとのこと。

岡山ビブレの隣に建った真新しいビルを訪れると、一階が店舗、二・三階が美術館となっていました。和菓子を見てから、エレベーターで美術館に上がる流れです。
いつも感じるのですが、吉兆庵のお菓子は色目や形が本当に美しい。
これでは展示物が霞んでしまうのでは、と思いましたが、要らぬ心配でした。
残念ながら写真撮影が禁止だったので、展示内容を目で見て頂く材料は、パンフレットしかありません。

img005
喜久子妃殿下御幼少のときのお召し物の輝くばかりの美しさや、硯箱の緻密でほどよく重厚な造り、さらにはボンボニエール(全部で50点ほどありました)や食器類の意趣を凝らした形状、光沢に息を呑みました。
また、精緻を極めた象牙細工にも圧倒されました。他にも目を瞠らせる展示物が多かったように思います。写真で示せないのが本当に残念です。img006


岡山駅前・吉兆庵美術館「有栖川宮・高松宮ゆかりの名品」展に行きました。” への2件のコメント

  1. 須郷さま
    コメントありがとうございます。もとは岡山県玉野市だと思います。
    岡山県特産のマスカットを丸ごと入れたお菓子もあるなど、地元の農業を生かす取り組みもされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です