岡山歴史研究会 津山市美作市探訪

6月1日に岡山歴史研究会の津山市美作市探訪が開催されました。平茂寛は地元津山の受け入れスタッフとして参加。実際は、日程に従いていくだけで何もしませんでしたが。

まず最初は津山洋学資料館を訪問。下山前館長から、案内を兼ねて、ユーモアとウイット溢れる説明をいただきました。

洋学資料館

 

胸像は、宇田川玄随など、いずれも津山洋学の重要人物ばかり。あっちこっちを向いているのは、見学者が庭を周回しながら、偉人達に親しむ趣向。

 

 

熱心

 

 

岡山市を中心に70名弱の参加者がありました。熱心な方ばかり。

 

 

下山

 

前館長の下山さん。洋学資料館の設計や展示物には、さまざまな思いが込められています。
聞けば聞くほどに興味は尽きません。

 

 

五角形

 

洋学資料館の建物は五角形です。これにも様々な思いが・・・。
写真撮影NGなので、中身の紹介ができずに残念。

 

 

 

風車

 

ただいま人気の、アルミ缶を利用した風車。多くの方が、製法説明付の現物を購入されていました。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です