岡山歴史研究会 津山市美作市探訪3

出雲街道は土居宿を訪ねました。美作地域で最も大きな宿だったとのこと。
両側に民家やお店が並ぶ筋が長々と続き、宿場町らしい風情がありました。

この宿の特徴は、宿の門です。一般には、東か西かどちらか一方に門を造るのが普通のパターン。ところが、土居宿は東と西の二つの門がありました。国境(くにざかい)のためと説明されています。

現在は、西門が残っています。西門説明写真で見るとおり、なかなか立派な門です。土居西門


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です