居森幸子展〈和紙なりて〉 日仏会館にて開催中

img080

さまざまな素材を用いて、意欲的な創作活動に取り組まれている居森幸子先生の作品展が、〈和紙なりて〉と題して、東京都渋谷区恵比寿の日仏会館エントランスホールで3月24日(月)から始まっています(4月5日まで。日曜祭日は閉館)。img081

現在、居森先生は、画材の一つである和紙に着目され、和紙の繊維を解いていく手法で、独特の感触を感じさせる作品を次々に制作されています。

img082
こんなやり方で、じっくり時間をかけて創作されるそうです。

岡山県内での催しには参加している平茂寬ですが、今回は都内での展示ということで、残念ながら行けません。

首都圏にお住まいの方にはぜひ日仏会館を訪れて頂けたらと思います。パンフレットによれば、午後1時からは、居森先生は在廊されるとあるので、私から情報を得たことをお伝え頂ければ、有り難いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です