小説「隧道を穿て」あとがき1

長期間の御愛読をありがとうございました。
8月14日から12月20日まで、およそ4ヶ月間の連載となりました。

「横書きで読みにくい」との声や、「ブログ連載では読む人に限界がある。書籍で出版したほうが良い」などの、ご指摘を頂きつつも、途中で止めるのも残念だったので、とにかく一通り終わりまでやりました。

この小説の主人公中村嘉芽市、周介はともに実在の人物です。嘉芽市が指揮を執って作った隧道には、今も、こんこんと水が流れ、堀坂の田に水と豊穣をもたらしています。

この隧道は、私の自宅から車で30分もかからない場所にあります。江戸時代の人物の成し遂げた仕事を、間近に見ることができるんです。しかも、現在も立派に機能していて……。
加えて、作品中にも一説ありますが、中村周介にはミステリアスな(「誇張した」が適当か?) 逸話が残っており、とても気持ちを惹かれました。

平茂寛は、津山、岡山の素晴らしさを、全国に伝えたいと日頃から考えています。これぞ、まさに恰好の題材だったわけです。


小説「隧道を穿て」あとがき1” への2件のコメント

  1. 4か月の連載、素晴らしかったです。お疲れ様でした。全ては読み切れませんでしたが、精力的な執筆に感服しております。仕事をされながらの執筆には、頭が下がる思いです。是非出版してください。
    私の住んでる流山にも、江戸時代に坂川という農業用水路を渡辺家三代にわたって作った話があります。明治初期、流山は県庁所在地だったこともあり、みりんだけでなく歴史遺産も多く残っております。
    史跡ガイドの会に入り、ボランティアガイドをしておりますが、私も地元の良さを発信したいと思っております。
    次の連載を楽しみにしております。

  2. 須郷さま

     コメントありがとうございます。
     今後とも、地域の素晴らしさ、魅力を発信していけたら、と、思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です