大阪杯は⑭ヴィルシーナから流します

昨年のジャパンカップでのオルフェーブルには失望を感じた。後方から来た3歳牝馬に弾かれて競り負けたのだから。
見方を変えれば、押し退けた分、1着になったジェンティルドンナのほうがエネルギーを要したのではないか。 それなのに……なんという体たらく。
ただ、五冠馬で、凱旋門賞でもあわやの歴史的名馬を、力の不足のみで評価をするのは行き過ぎだろう。
オルフェーブルは「遠慮しい」なので、女性には一歩譲る――との解釈が妥当ではないか。ただし、同馬に競りかけなければ、遠慮する場面は生じない。
と言うわけで、ジェンティルドンナとほぼ同格の実力を持つ牝馬⑭ヴィルシーナを軸にする。
ヒモは、⑤⑥⑧⑨⑬で。

ついでに中山のダービー卿CTも。①ガルボが軸で、②③④⑤⑩に流す。中山のマイル戦では、いつも目を瞑って、大井競馬場的な馬券戦略を続けている。


大阪杯は⑭ヴィルシーナから流します” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です