地元町内会シニアクラブで講演をしました。

平茂寬は、地元の津山市椿高下東町内会の皆さんから、温かい後押しをいただきながら執筆活動を続けています。P1020399

10月5日に、町内会のシニアクラブ(老人会)総会で、講演をさせていただきました(場所:津山国際ホテル)。この日は「ふるさとの歴史~語り部はあなた」と題し、郷土の歴史を彩った人物についてエピソードを交えながら紹介しました
歴史を知り発信することが、地域の魅力を高める。その担い手こそがシニアの皆様ではないか――という平茂寬なりの提案です。

具体的には、
①日本への洋学導入において燦然と輝く功績を挙げた宇田川三代の一人宇田川 榕菴
②作州の算仙と呼ばれた和算の大家、中村周介
③戦国時代の交渉屋として力を発揮し、今も市内の丹後山に名を残す大塚丹後守
④津山森藩時代の三代目藩主長武、四代目長広、五代目になれず発狂したとされる衆利、及び中野犬屋敷について
の4つの話題を提供しました。P1020397

参加されたシニアクラブの皆さんは、熱心にメモをされるなどして聴講して下さいました。


地元町内会シニアクラブで講演をしました。” への2件のコメント

  1. 津山の名士ですね。「歴史を知り発信することが、地域の魅力を高める」その通りですね。その担い手として、ボランティアガイドに励んでおります。

  2. 須郷さま

     いつもありがとうございます。
     須郷様は歴史発信の役割を自ら担っておられるのですね。 素晴らしい。敬服申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です