叩き彫り作家の山田尚公さんが訪ねて来てくれました。

土曜日に、岡山県奈義町にお住まいの叩き堀り作家山田尚公さんが、訪ねてきてくれました。

お土産に、以前から熱望していた、尚公さん手作りの「干し柿のブランデー漬け」と銀杏の実、さらに11月21日~26日に横浜市青葉区寺家町の「寺家ふるさと村 郷土文化館」で開催する「山田尚公 叩き彫展」の記念はがきをいただきました。

とても楽しいひとときでした。山田さん、また、じっくりお話をいたしましょうね。

 

ラベルもとっても素敵。これが趣味の手作りとは。もちろん、非売品です。

 

 

 

 

中身はこんな感じ。干し柿は一口大でした。柿の自然の甘さが生きており、食べた後、口の中でブランデーが徐々に拡がる感じです。

 

叩き彫展のはがき。首都圏の方は是非一度おいで下さい。

山田さんのブログも見て下さい。平茂寛とは、大学の同窓生同士なんです。

 

 

 


叩き彫り作家の山田尚公さんが訪ねて来てくれました。” への2件のコメント

  1. こちらこそ、楽しいお話とお土産をありがとうございました。
    「叩き彫展」のご盛況を心よりお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です