原作した漫画本「会津に咲いた八重の桜 新島八重 幕末のジャンヌダルク」が発売されました

来年のNHK大河ドラマは「八重の桜」です。主人公は、「幕末のジャンヌダルク」と呼ばれた新島八重。
早くもブームを見込み、新島八重に関する本が、いくつか出版されています。

実は、このたび平茂寛も八重関係の著作に関わりました。漫画版の原作執筆を依頼されたのです。作画は岩下博さん。

本の題名は会津に咲いた八重の桜 新島八重 幕末のジャンヌダルクで、本日12月27日付で竹書房から出版されました。

会津鶴ヶ城に籠もった八重は、狙い確かに大砲を打ち、官軍を畏怖させました。男に混じって城を出て、愛用の新式スペンサー銃を打ちまくる場面も。
男勝りの武勇を発揮する場面は大きな見所です。

さらに、その後の人生を全力で生きた姿にも、じゅうぶんな魅力があります。
主にコンビニエンスストアで販売されます。大河ドラマをより楽しむための、気軽な入門書として、手にとってもらえれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です