北沢秋『哄う合戦屋』を読みました。面白かったぁ。

『哄う合戦屋』 北沢秋著 双葉文庫を読みました。
主人公の石堂一徹のヒーローキャラ作りが見事で、圧倒されました。一徹を召し抱えた横山郷領主・遠藤吉弘の心理描写にも迫力がありましたねえ。吉弘の娘・若菜や六蔵の存在感がなんとも言えなかったなあ。
かなり面白い戦国時代小説でした。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です