作家の本棚18 さすがは松本清張賞『白樫の樹の下で』

img075
青山文平著『白樫の樹の下で』(文藝春秋)は、師匠の若桜木虔先生から長い間、お借りしている本で、最近読み終えました。

さすがは第18回松本清張賞の受賞作品だと思いました。
淡々とした文体ですが、落ち着いていて、とても読みやすい。地の文と会話の割合も馴染みがよかったし。
改行ばかりの時代小説でもなければ、文字びっしりの海外小説のどちらでもない、文字と空白の割合も美しく・・・あれあれ、物語の内容以外の話ばかりになってしまいました。

もちろん、物語としてもかなり面白かったです。けっこうな登場人物が、思わぬところで、あっさり死ぬんですよね。これが、なかなか利いていて、えっと声を出しそうになったほどです。三度ほどやられましたか。
惜しいのは、いよいよの犯人が明らかになるところでした。えっ、その人だったの? うーん、もう少し何とかならなかったのかなあ(あくまで私見です)。
あとは、しっかり者で心の強いはずの朋輩の心が崩れていく過程が見えにくかったことでしょうか。
重箱の隅を突くような記述をしてしまいましたが、小説は決してオチとかクライマックスだけが値打ちではなく、全体を読んで楽しむものだと思います。となれば、この作品は、ページ数で行けば九割は存分に素晴らしい手応えを感じながら読めるので、私は大いに満足できました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です