作家の本棚16 遠野有人著『密室の筺』青松書院

P1010965和服のよく似合う素敵な女性が、『密室の筺(はこ)』の著者である遠野有人(とおの ありと)さんです。
遠野さんは、女性ながら一級建築士として建築分野のお仕事でご活躍をされておられます。なおかつ、ミステリ小説を執筆されており、建築に関する知識とご経験を活かしての作品が中心です。
さらに、平茂寛と同じく、若桜木虔門下です。
この写真は2月1日に東京で開催された若桜木門下の新年会で撮影しました。

 

img010
いつもならば、読破後の感想等を連ねるのですが、今回はこれから読むので、本の紹介のみになります。読破したら、再度、感想などを掲載したいと思います。

頁を繰ると、東京スカイツリーを舞台に、「エレベータ」、「密室殺人」、「グランドオープン」といった言葉が目に飛び込んできました。はてさて、どんなストーリーが展開するのでしょうか。大いに楽しみです。
平茂寛も、いつかは現代物のミステリーを執筆してみたい、という願望があるので、その意味でも興味は尽きません。
表紙の写真も素敵!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です