今週の競馬予想「日経新春杯」

オルフェーブルが出走した海外重賞のフォワ賞の実況を見ていたときに、果敢に鼻を切っていく馬がいました。ステラウインドという名の馬で、アナウンサーの中継を聞くまでは日本の馬とは知りませんでした。

ステラウインドは条件馬ですから、勝つつもりで出走していたのではないと思います。ペースメーカーとしてか、あるいは、この馬が一緒に走るとオルフェーブルが落ち着けるとかいった事情があったのでしょう。言わば、噛ませ犬だったわけです。

踏み台になっていた存在が、密かに力をつけて、あるときから思いっきり弾けるケースが、どんな世界でもあります。今回は、そんな気持ちもあって⑥ステラウインドを軸にします。ヒモは①②④⑧⑨。


今週の競馬予想「日経新春杯」” への2件のコメント

  1. 須郷様
    コメントありがとうございます。私の場合は、場内清掃のアルバイトをしばらくやりました。バッジを付けていると地下の関係者食堂や地下馬道まで行けるので結構楽しかったです。そこを喧嘩して止めたあとは、競馬場周辺で競馬新聞売り子(競馬エイト)を卒業までやりました。こちらは予想屋のおじさん方ともお話ができたりして、勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です