今年の蝋梅(ろうばい)

P1020061
庭の蝋梅が、咲きました。
例年よりも遅れたように思いましたが、実際はそうでもなさそう。

平茂寬は、蝋梅の仄かな甘い香りが大好きです。でも、今年はどういうわけか、あまり匂わないですね。

春の到来を意識させる時期に、いつも思い出すのは、大学生時代に、教材として読まされた『沈黙の春』レイチェル・カーソン著です。農薬の使用による環境汚染を題材に、環境問題を世界の人々に知らしめた本として、よく知られています。

政府は「沈黙」を続け、マスコミの多くも話題に取り上げるのを避けている感じですが、ネット情報を見る限り、福島の原発は再び大変な状況になっているようです。レイチェル・カーソンが思い描いた世界よりも深刻な『沈黙の春』の到来が間近に迫っているのかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です