久々に母校を訪問

今回上京した目的の一つは、大学同窓会の総会に出席することです。会場となった工学部(東京都小金井市)に行きました。

大学は、府中市にある農学部と、小金井の工学部に分かれており、私は農学部だったので、正直を言うと、工学部のキャンパスに入っても、さほど感傷はありませんでした。

でも、静かな佇まい、まったりとした空気は、農学部と同様でしたね。アカペラを練習するグループの歌声が、ほの温い風に乗って聞こえると、少しセンチな気持にもさせられました。

門は、いかにもハイテクの先端を走る工学部(産官学連携では日本一らしい)ならではです。もちろん三十年以上前にはありませんでした。奥に鬱蒼と見える森のような木々が、歴史と奥行きを感じさせます。

 

 

 

 

 

テニスコートです。

軟式テニスクラブの冴えない部員だったので、工学部のコートだけはよく利用しました。

当時は、ただっ広い原野にコートが並んでいるだけの風景だったのですが、今は、所狭しと研究棟が建ち並び、コート周辺も、きれいに整備されていました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です