パティスリー・フランセのケーキ・第7回津山スイーツフェスタから

二つ目のケーキはパティスリー・フランセの四万十和栗のモンブラン。

お菓子の楽しみ方にはいろいろあって。
どんな材料がどのように使われているのか、想像しながら食べるのもいい。
舌の表面と口腔の上側で磨り潰し、味と材料の粒度を細かく吟味する。まるで、分析装置になったみたいに。
ただ、美味しいと感じるよりも、ちょっと余分に味を楽しむ満足感がある。気取った表現をすれば、作り手と食べる側との一つの勝負かな。

このモンブランのクリームには、複数の味の存在を感じた。
では、さっそく分析開始。

結果はどうだったか?

残念ながら、解析不能。気が付いたら、分析完了前に食べ切ってしまっていた。
したたかな美味しさに、まんまと嵌められたようだ。

はっきり言って、こちらの負け。でも、敗者に似合わぬ頬の緩みを感じている自分って、いったい・・・?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です