スマートシルエットが勝つ。第37回エリザベス女王杯。

ヴィルシーナが圧倒的な一番人気だが、そもそも英国女王の冠レースを、ロシア名の馬が勝って良いのだろうか? 単純かつ強引な論法ではあるが、ここは英語馬名の馬を軸としたい。

となれば、2番手を進みつつ、毎回33秒台の末脚を繰り出すスマートシルエットが一番手だ。 先行+33秒台の上がり常時は、名牝ダイワスカーレットを連想させる。名前の雰囲気も似てるっ!

⑤マイネジャンヌ⑥ピクシープリンセス⑧レジェンドブルー⑪ホエールキャプチャ⑫ヴィルシーナ
に流す。

なかなか片目の開かない今年の秋GIシリーズ。開いたとしても例年一回程度だが。
そろそろ……。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です